プロフィール

プロフィール

運営管理者:タクサン   

居住地:長野県北信地域(善光寺がある方)

仕 事:自営業(運送配達業)

趣 味:音楽・ゲーム・パワプロアプリ・マンガ・プロ野球選手のエッセイ

今現在住んでいるところは長野県の善光寺がある方の北信地域です。千曲川沿いの静かな土地で妻と犬二匹と暮らしています。

仕事は自営で運送業をしています。

音楽の趣向はとにかく激しくてテンションの上がる曲が好きです。銀杏BOYZ・ガガガSP・マスラヲコミッショナー(解散)・B-DASHなどなど。高校の時に友人たちとタワーレコードに通ってインディーズのグループをよく開拓しました。今でも車のHDDはこのグループの音楽でいっぱいです。

 

こ れ ま で の 経 歴

 

生い立ちから学生時代まで

長野県北信地区にごく一般家庭の次男として生まれる。とにかく落ち着きのない子供で骨折、ねんざ、脱臼、頭・顔を数針縫うこともよくありました。始めは両親も怪我をしたと学校から連絡があれば迎えに来てくれていましたが、そのうち怪我の頻度が多くなると行くのが面倒だからと迎えにきてくれなくなるほどでした(歩けるなら自分で歩いて帰って来いと怒られる)。治療を拒み続け中耳炎を治すのに3年かかり(結果手術して完治)、アトピーだったこともありとにかく手の掛かる子どもでした。

 

小学生になるとファミコンに夢中になりますが、視力が悪くなると火、木、土日の週4日で1日30分の時間制限があったのですが、どうしても我慢できずに朝4時に起きて6時までの2時間しっかりとゲームをやっていました。若かったなぁ…

 

中学生になっても相変わらずゲームは大好きでファイナルファンタジーを語れる友達も出来最高に楽しかった。

部活を始めて陸上部に入り中・長距離に挑戦しました。100メートルなどの短距離とは違い、中、長距離はやればやるだけ記録が伸びるやりがいのある競技でもあり、陸上競技は勝ち負けがハッキリしているのも魅力のひとつでした。

同じスタートラインに立ち誰よりも早くゴールラインに飛び込めば勝ち!

というシンプルな勝負。とにかくがむしゃらにサボらず部活に出て3年時には1500メートルで全国大会にも出れました。努力すればするだけ記録が伸びるという競技に楽しさを覚えるとともに、長い距離を走り込むことを続けた結果精神力を鍛えられたと思います。高校生活までの6年間続けました。

 

闇の時代

学生生活を終える頃、身体の不調が原因でしばらく大学病院に検査入院をしました。そのため進学、就職もせずに自宅に引きこもるようになりました。友達は進学したり地元で就職したりする中で何もせずに自宅で過ごしている…

午前11時に起床してゴロゴロしてボォーと時間を潰して夜中の2時頃就寝。短期アルバイトをしながら自宅に寄生すること約2年。

ようやく気づきました。

このままではマズイ。暇すぎてやることがない。気が狂いそうだ

就職活動を開始します。ハローワークに通い、長野県民ならご存知の地方紙【信濃毎日新聞】に毎週日曜日入ってくる求人情報に応募したりと就職活動をしますが連敗…

それはそうです。履歴書の経歴欄には高校卒業から面接日までに空白の2年間があるので。面接でも必ず聞かれます。この間何をしていたのですか?と。なかなか就職できません。

そんな時、新聞のチラシに葬儀会社の従業員募集のチラシを見つけます。この2年間の間に曾祖母の葬儀や友人の葬儀を経験したこともあり、こういう仕事もあるんだと興味があったので問い合わせをして面接し、その葬儀会社に入社することが出来ました。

社会人時代

とにかくキツイ仕事でした。朝早くから時には日が変わるまで仕事をして休みも月に2~3日くらい。夜の当直、自宅での待機(何かあればすぐに出動できるように)で月の半分は拘束。休みの日でも人が足りないと呼び出される事も多く、月の労働時間が300時間越えることは珍しくなかったです。ゴールデンウィーク、盆暮れ正月は一切関係なし!年休30日くらいだったかな?とにかく休みの目処も立たず、早く帰れると思っていても急な仕事が入ることが常なので、友達からの誘いをドタキャンすることも多く次第に誘いもなくなり友達付き合いも無くなりました。

ただ2年間何もしてこなかった事もあってか毎日仕事が出来ることに喜びすら感じていました。給料も同年代の人に比べれば多かったです(今思えばあれだけの激務だからあたりまえか)。

入社して4年目の24歳の頃には葬祭ディレクターとして現場に出るようになり、年収も600万~700万くらいになりましたが、仕事の量は更に増え、休みも年10~15日くらいに減りました。それでもやりがいを感じ、10年間勤めました。

しかし、世の中が残業時間の規制に厳しくなってきた頃、会社が人数不足や残業時間の問題に対して出した答えが

「タイムカードを押してから残業しろ!それが出来なきゃ手当て、歩合カット!」

でした。言われた翌日に退職願を出して退社しました。

 

こ の ブ ロ グ を 始 め た 経 緯

新たな仕事として自営で運送会社の委託業務で配達の仕事を始めました。そんな中での不安

  1. 福利厚生が無い
  2. 力仕事も多いので年齢を重ねても続けられるのか?
  3. ケガで仕事出来ない → 収入0になる
  4. いつ契約が打ち切られるか分からない

大まかにはこんな感じです。今現在の収入自体はそれなりに良いものの、昇給やボーナスがあるわけではありません。

  1. 厚生年金ではなくなってしまったので、将来貰える年金で生活がしていけるのかどうか不安。この先、年金受給年齢がおそらく上がると思いますし、それまで生きていられるかという問題もありますが… 個人年金で補うにしても収入を増やさなければならないため。
  2. 単純に体力の衰えや、ガタが来てしまったらという不安です。
  3. 福利厚生の中の話ですが、ケガで仕事が出来なくなっても誰も助けてくれませんし、保障もありません。そんな時に少しでも収入を増やさなければならないと思ったため。
  4. いつ契約が打ち切られ無職になるか分かりません。そんな時に別の方法で収入をあげるようにしておかなければならないと思ったため。

こんな不安の数々がこのブログを始めた理由です。

会社に守られているというのはいいなぁと改めて感じます。会社はその分拘束される事も人間関係で悩む事も、理不尽な事に耐えなければならないこともあると思います

その点自営業はある意味自由です。出勤時間が決まっていませんし、与えられた仕事をこなせば自宅で休んでいても昼寝をしていてもいいんです。1日の労働時間が4時間くらいでも3~4万円の収入を得られることも多々あります。ですが、今の自営業の状態は薄氷の上を歩いているような状態です。ケガ、病気、契約終了などなど突然足元が崩れ今の生活が崩壊する恐れも十分にあります。

そんな中、自由な時間が確保できたということもありこのブログを始めるに至りました。継続しなければ収益は得られないということなので毎日何かしらの記事を更新していきたいと思います。

ダラダラと長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。