その他

【トイ・ストーリー】2019年トイ・ストーリー4公開【レビュー】

嫁の影響で、少しディズニー映画も見る管理人です。嫁は映画「トイ・ストーリー」が好きで、愛用のマグカップもリトルグリーンメンという映画のキャラクターのものです。私にはかわいく見えませんが・・・^^;

今年の7月、トイストーリーの最新作が公開されるということで、過去3作品をレビューしてみようと思います!

トイ・ストーリー 概要

トイ・ストーリーは、ピクサー・アニメーション・スタジオによるアニメーション映画です。日本での公開は1996年でした。

劇場で公開されたフルCG アニメーション映画は、この作品が初めて。興行収入はこの年の1位で、約3億6200万ドルだったそうです。

トイ・ストーリー あらすじ

トイ・ストーリーは、おもちゃたち視点のお話です。

主人公はカウボーイ人形のウッディ。彼は、持ち主のアンディ少年の1番のお気に入りです。おもちゃたちが自由に動き、意思があることは人間には知られてはいけないルールです。ウッディは、おもちゃたちのリーダー的存在でも有り、慕われていました。

しかしアンディの誕生日に、最新のおもちゃ宇宙ヒーロー「バズ・ライトイヤーが親からプレゼントされました。アンディは、飛び出る翼やレザービームなどの最新の機能があるバズに夢中です。また、他のおもちゃたちもバズを温かく受け入れます。

自分の立場が危なくなるのではないかとウッディは焦りました。ある時、バズは2階のアンディの部屋から、外に落下してしまいます。しかし、おもちゃたちは、バズに嫉妬したウッディが突き落としたのだと誤解します。

その後、なんやかんやあってウッディもアンディの家に帰れなくなり、仲間の誤解を解くためバズと帰ろうとします。仲の悪い二人は無事にアンディのもとへ帰れるのか!?そんなお話です。

誰が声をやっている?

ウッディ(カウボーイ人形) 唐沢寿明(俳優)
バズ・ライトイヤー(最新のおもちゃ) 所ジョージ(タレント)
ミスター・ポテトヘッド(イモのおもちゃ) 名古屋章(俳優・声優)
スリンキー(犬のおもちゃ) 永井一郎(磯野波平~2014)
レックス(恐竜のおもちゃ) 三ツ矢雄二(上杉達也)
ハム(ブタの貯金箱) 大塚周夫(ジョセフ・ジョースター)
ボー(女性の人形) 戸田恵子(アンパンマン)
アンディ(おもちゃの持ち主) 市村浩佑

豪華な声優陣ですね!

はじめは、ウッディの声は山寺宏一さんで決まっていて、収録も済んでいたそうです。しかし映画会社の人が「無名の人が吹き替えをしても売れない」という理由で降ろされてしまったのです。今でこそ「おはスタ」のMCやものまね番組で顔の知られる声優になりましたが、このことがきっかけでテレビに出始めたそうですよ。

ウッディの恋人(っぽい)のボーが戸田恵子さんだとは知りませんでした。聞いてみても全く気づかなかったです!テレビで見るキャラクターと違って、色っぽいおしとやかな声でした(笑)

感想

映画が公開された時、私は小学校高学年。特にディズニーに興味は無く、テレビゲームに夢中の時代でした。嫁も初めて見たのは、テレビ初放送の2000年頃らしいです。私は結婚してから嫁に勧められて、3まで一気に見ました。

感想としては、普通に面白かったです!ディズニー映画は子ども向けかなと思っていたのですが、大人でも十分楽しめました。子どもが見たら、おもちゃを大切にすることを学べそうです。

私くらいのおじさんが見ても、笑いどころも有り、ハラハラするところも有り、メッセージ性も有り、面白かったです。唐沢寿明さんも、ウッディにハマっていたと思います!所さんは正直棒読み感ありましたが、それはそれでバズに合っていたかも。

おもちゃたちは、持ち主が大好きなんだなと、行動のけなげさに感動します。おもちゃ同士の友情も見所ですよ!by嫁

まとめ

トイストーリー1作目はかなりの大ヒット映画!声優さんたちも豪華で、違和感は感じず、むしろはまり役だと感じました。トイストーリー2も早く見たいな!という気持ちにさせてくれました。

トイストーリーを見るなら、やはり1から見ることをオススメします。1~3に進むにつれて、アンディ少年も大人になっていきます。心の変化や、おもちゃとの関わりの変化も、大人になった私たちが共感できるところだと思います。

まだ見たことがない人には、ぜひ見てみて欲しいですね!

ABOUT ME
takusanboyz
長野県北信地区在住 手探りでブログ運営中