ゲーム・アプリ

【JUDGE EYES~死神の遺言~】レビュー・評価【キムタクが如く】

2018年12月13日にセガゲームスより発売されて【JUDGE EYES:死神の遺言】(キムタクが如く)

龍が如くシリーズをすべてプレイしてきた管理人がプレイした感想です。

これからプレイする人の為にストーリーの確信を突くようなネタバレは無いように綴っていきたいと思います。

良かった所

今作の舞台も神室町!

龍が如くと同じく神室町を舞台としたストーリーになっています。色んな意見があると思いますが個人的には龍が如くと同じ舞台なので、懐かしさを感じながらプレイ出来ました。今作で立ち寄った施設や店が龍が如くシリーズではどうなっていたか?と龍が如くもプレイしてみたくなる楽しみ方もあると思います。

ただ、人によっては「龍が如くの使いまわし」と感じてしまうかも知れません。

ストーリーを盛り上げるキャスト

木村拓哉を始め、中尾彬滝藤賢一谷原章介ピエール瀧などのキャストが作品内に登場しストーリーを大いに盛り上げてくれます。ネットではセリフが棒読み、違和感ありすぎ、下手との意見も見られましたが、あまり気にならなかったです。

ただ、作品の中でもキムタクはキムタクだなぁといった感じはありました。

引き込まれる壮大なストーリー

個人的には大満足です。1クールの連続ドラマを見終わったような満足感がありました。普段あまりゲームに興味を示さない嫁も、次はどうなるのか?真犯人はあいつじゃないか?と推理まで始めるほど夢中になっていました。

龍が如くにはあまり無かったミステリー色が濃いです。謎が多い分、夢中になれるはずです。このストーリーを観るだけでも買う価値はあるように思います。

ストーリーだけを観れば過去の龍が如くシリーズにも決して負けていない、むしろトップ争いが出来るくらいの仕上がりだと思います。

やり込み要素は備わっている

龍が如くシリーズでの【サブストーリー】が今作では【サイドケース】と名前を変えて残っています。管理人もすべてを攻略したわけではないのですが、かなりの数のサイドケースがあります。本編クリアよりサイドケース攻略のが時間がかかるはずです。

龍が如くシリーズで最後に待ち受ける【あのキャラクター】も健在です。

残念だった所

舞台が神室町のみ

過去の龍が如くの作品では複数の舞台が用意されている作品が多い中(大阪、広島、福岡、沖縄、北海道、愛知)ジャッジアイズでは神室町のみだったのが少し物足りなさを感じました。

細部までのこだわり、遊び心が無くなっていた

龍が如くの作品の中ではコンビニで実際にマンガが立ち読みできたり、自動販売機で飲み物が買えたりする細かい遊び心で驚いたことや、タクシーの運転をしたり、狩猟をしたり、キャバクラ経営をしたりと新しいタイトルごとに新たな驚きを毎回与えてもらっていた気がします。

残念ながらジャッジアイズではゲーム内に於いての細部までのこだわり、遊び心要素で驚きを感じたところは個人的には無く、龍が如くで出来ていたことが出来なくなっている…と感じる部分もありました。

プレイスポットが減ってしまっている

龍が如くシリーズと比べてしまうと魅力の1つでもあったプレイスポット(ミニゲーム)が格段に減ってしまったように感じました。

今作からの新しいプレイスポットも増えていますが、新しいものは少なく、新たなミニゲームでの驚きは薄かったです。

まとめ

龍が如くシリーズの【龍が如く0】【龍が如く6】を徹底的にプレイした人からすると、新たな驚きや感動は少ないかもしれません。

龍が如くシリーズをすべてプレイしてきた管理人の個人的な感想ですが、「主人公がキムタクかぁ…」と最初は微妙な作品だなぁと感じていたのですが、購入しストーリーをクリアしての感想は「買って良かった!!大満足!!」です。

過去に龍が如くをプレイしたことの無い人であれば大満足出来ると思います。

 

 

 

 

ABOUT ME
takusanboyz
長野県北信地区在住 手探りでブログ運営中